1曲1詞


歌詞トップへ


低気圧と高気圧の関係

 

低気圧と高気圧の関係はいまいちわからないし

何であの人たちが殺し合うほどのケンカをするのかもわからない

けど、そのおかげで春夏秋冬花が咲いたり散ったり一喜一憂さ

君と僕の食卓を黙らせたケンカの理由は本当に些細なこと

 

いつか行った日本海沿いの海産物店のおばちゃん達、元気かなぁ

セレンゲティ国立公園を時速100Kmで駆け抜ける追いかけるものと追われるもの

その全てが今もこの瞬間も本当に本当にあるんだってさ

それを思うと僕は信じられないような切ない気持ちになるんだ

 

平成23年10月4日午前6時2分前の

雲海と稜線の間に昇ってきた朝日は

とてもこの世のものとは思えないような強烈な光で

太陽はただそこにあるだけ地球はただここで回っているだけ

 

あるべきものはあるべき所へ

古新聞古雑誌、ご不要になった物がありましたらお売りください

捨てる神あれば拾う神あり、って先人が残してくれた言葉

そうか、じゃあ世界は神様で溢れてる

 

月曜仕事へ向かう人たちは憂鬱そうに見えて

金曜退社間近は何をしでかしても許してくれそうで

それは本当にそうなのか僕のただの先入観なのか

考え始めると面倒なことになりそうだからこの辺でやめておこうかな

 

小学生の時仲良かった 広瀬浩久 直井淳之介 米山泰

村山先生 大久保先生 大塚先生 みんな元気かなぁ

あの他愛ないバイバイがあなた達との最後だったのかもね

そういうバイバイをもう何度もしてきたんだろうな

 

日々はあっけなく淡々と過ぎていって

情け容赦なんて感覚は通用しない回転さ

昨日と何にも変わってないような今日の僕

けど、そういう日々の繰り返しが37歳の今日の僕をここへ連れてきた

 

意思の疎通を図れない草木や動物 いわゆる自然環境

いくら問うてみたところで応えは憶測にすぎない

もしかしたら人間以外の生物たちは通じ合っているのかもね

もしかしたら地球以外の星たちはもうずいぶん昔から通じ合っているのかもね

 

今ここでこうしていることも何かの縁なのかもね

ほら、僕らを知らない人たちが窓の向こうそれぞれの目的へ向かって走ってゆく

想像してみようか 137億光年離れた宇宙の果てからここを想って

奇跡とか偶然とか科学とか集めた光はどんな輝きを放っているのかな

 

世界はとってもシンプルな仕組みで出来ているのかもしれない

シンプルなものは複雑なものの集まりなのかもね

点と点がつながって線になって 線と線がつながって面になって

面と面がつながって立体になって 僕へとつながる

 

僕はにわかに信じられなくってさ

全部本当にも思えるし 全部嘘にも思えるよ

本当の事 嘘の事 っていったい何なんだろう

それがわかる日がいつかくるかもね

2012年作


1日1曲