一 ○日1記



2013年5月

5/27

ロケンロー

こんにちは!

自然に体が動き出す。

僕にはまだまだ難しいリズムでして、うらやましいかぎりです。

理屈抜きに、楽しい!

大好きなワタナベマモルさんのライブに行ってきました。

今回は、長野は伊那のドン、TERRY BAND のTERRYさんとジョイント。

これは行かなくては、でありました。

聞けばわかる。

サイコーの夜でした。

ハートにビシバシ効いたのでした。

また、ぜってーいこーっと。

恐縮ながら、ツーショットをお願いしたのでした。

イェイ!!

小林孝一

 


5/20

カフェ巡りライブ Vol.6 花きりん 5/19

こんばんは!

一夜明け、新たな動きをかけていかねば、という思いと

昨日は最高な日だったなぁ〜、と余韻の思いの

今日でした。

この企画を始めて2年半。

早いものです。

花きりんさんでは3回目となるこの企画。

ずいぶんお世話になっています。

ありがとう。

 

今回、ゲストに中西ヒロキ

僕がライブハウスへ行き始めた頃からの付き合いです。

当時、コピーばかりの僕でしたが、彼はもうオリジナルを歌っていました。

先輩なのです。

僕の周りには沢山先輩がいます。

そういうミュージシャン達とライブができる。

こんな嬉しいことはない。

素晴らしいステージでした。

バトンを受け取る緊張感がハンパじゃなかった。

 

こういう緊張感。

これだ。

素晴らしい音楽仲間がいる。

 

そして今回もカメラマンにさん

前回も素晴らしい写真を遺してくれました。

今回も楽しみです。

 

たくさんの方々にご来場いただきました。

初めての方、ミュージシャン仲間、○回目の方、そして皆勤の方。

第1回目から見てくれているのです。

僕を、見に来てくれる。

応えられるよう、進みます。

ありがとう。

ありがとう。

 

〜カフェ巡りライブ Vol.6〜

「お茶・うた・出会い」

in

花きりん

 

オープニング:唄があるじゃないか

1:空の子守唄

2:素晴らしい日になる

3:握手とナイフ

4:嫌なこと全部嘘だったらいいのに

5:およげたいやきくん(カバー)

6:6月生まれは誰だっけ(カバー)

7:今日の終わりを迎えられなかった人のために

8:月曜の朝の中

9:胎内

10:作品27小林孝一コ長調

アンコール:明日

 

心積もりではVol.7、

8月を目指しています。

決まりましたら、また告知いたします。

 

ありがとう。

 

小林孝一

 


5/15

5/12 Hangar Hall

 

こんにちは!

遅ればせながら、Hangar Hall回想いたします。

前夜のハーパーズミルでのライブに奮い立たされ、

「やったるでー!!」

と意気込んで向かった自身のステージでした。

とはいえ、自分を精一杯やるだけです。

いい刺激をもらいながらのライブは、また新しい発見やら

課題やら、あります。

共演の斉藤勇貴はステージ衣装を用意し、

ピーチボーイズは若者と一緒に音楽できる喜びを言ってくれたり、

それぞれの、ステージに賭ける想いを感じたわけです。

それに応えるには、精一杯歌うしかありません。

 

HIRO&PAUL

 

斉藤勇貴

 

マリオ

 

ピーチボーイズ

 

聞いてくださったみなさん、ありがとう。

感謝してます。

やっぱり、歌いたい。

またステージに立ちたい。

ありがとう。

 

次回は、自主企画[お茶 うた 出会い]です。

あと3日。

待ったなしです。

 

カフェ巡りライブ vol.6

【お茶・うた・出会い】

in

[花きりん]

2013年 5月19日(日曜日)

午後3時スタート

ゲスト 中西ヒロキ(ダンデライオン)

料金 \1000 飲食別(小学生以下入場無料)

 

完全生音のアコースティックギター弾き語り企画です。

午後のひととき、音楽とお茶、いかがですか。

今回は、ゲストに中西ヒロキ(ダンデライオン)

を迎えてのカフェライブです。

ぜひ、お越しください。

 

では。

小林孝一


5/13

土日の音楽日記

 

こんにちは!

11・12日と「聴く側」と「聴かれる側」の音楽でした。

11日はハーパーズミルにて

それはそれは濃い4アーティストによるライブ観賞。

アンコール後のサプライズ的な佐藤光徳のラストソングに

心が震えたのでした。

思わず立ち上がり、一緒に歌ってしまった。

素晴らしい夜でした。

 

その余韻を持ちながら、12日、ハンガーホールにて歌ってきました。

自身の世界に集中する。

ライブは生き物ですから、さまざまなことが起きたり、よぎったりします。

しかし、今の自分に集中する。

今ができなけりゃ、次につながらない。

その繰り返しです。

 

また後日写真アップやら回想いたします。

取り急ぎ日記でした。

 

ライブ聞いてくださった皆さん、共演の皆さん、ハンガーホールスタッフの皆さん、

ありがとう。

今回以前作ったCD、完売いたしました。

どうもありがとうございました。

追加で作れるので、いつが完売かわかりませんが、とりあえず完売は完売ですので、

うれしいです。

 

ありがとう。

 

小林孝一

 


5/6

世界遺産

 

こんにちは!

 

山梨側か静岡側か、と言われたら、両県共に

「こっちだよ!!」

と言うでしょう。

どちらにもそれぞれの言い分、主張があり、

他県の方からすれば

「どっちでもいいじゃん」

と言うかもしれません。

 

「どっちでもよくない」

と、思っていました。

今朝のテレビを見るまで。

 

しかし、山梨側からの左右均一な稜線。

これが、主張点とすれば、

静岡側は、宝永山あってこそ、

これが主張点であるらしいです。

 

僕は山梨県民ですから、前者の気持ちバリバリです。

 

おそらく、一番の論点ではないかと。

 

でも、「宝永山あって」ということを知らずに、の主張でした。

どちらからもそれぞれの美しさ、誇りがある。

 

お互いを知る。

誰のものでもありません。

県外の方が見た時、

「うぉ〜〜、すげ〜!!」

なんて言っているのを聞く時、

「だろ」

と言ってしまうのです。

 

それは、両県共に持っているいわば、優越感みたいなものでしょう。

すみません。

 

日本一の姿を見てもらいたい。

両県に共通する気持ち。

 

両方から見てみよう。

誰のものでもないのですから。

 

今日は、風の中、一段と美しいです。

 

僕のおススメは、双葉町から見た姿。

これが日本一だと思っています。

 

見えない日でも心で見ている、その方向を意識している。

 

富士よ、あなたは素晴らしい。

ありがとう。

 

小林孝一


5/4

荻窪 アルカフェ

 

こんにちは!

オープンマイクがあるというので、行ってまいりました。

ソリタリョウと。

歌ってまいりました。

東京は荻窪

アルカフェ

早めに都内に入り、築地で昼食とったり、新歌舞伎座見たり、

お茶の水楽器街へ寄ったり。

東京のビル郡を見上げながら、人の多さに圧倒されながら、

歩いたのでした。

空の青さは変わりません。

 

ライブ映像をネットにアップしてくださっています。

こちらから

アルカフェ」HPから「USTREAM」へ。

 

店内に、ウクレレが多くありました。

印象的でした。

20本はあったかな。

 

 

ソリタリョウ

 

セットリスト

1:胎内

2:作品27小林孝一コ長調

 

終了後、声をかけてくれたり、かけたり。

おもしろいですね、歌ってしまえばお互いの存在を認める、というか。

 

聞いてくださった方々、ありがとう。

ソリちゃん、誘ってくれてありがとう。

 

もっと練習するか!

 

では。

小林孝一


1日1曲